フリーターが一人暮らしをするなら、どこに住むのがおすすめなのか?

カテゴリー:フリーター一人暮らし
タグ:,,


key-96233_640

フリーターが一人暮らしを始めるきっかけにも

  • 自立しようと思って自ら
  • 親に「自立しろ」と言われて仕方なく
  • 家出するような形で

など、人それぞれ様々な理由があるかと思う。

 

フリーターが一人暮らしをする場合、会社員などに比べ経済的な面での不安は大きいかと思う。フリーターが一人暮らしで生活していく場合、どこに住むのが良いのだろうか?

 

フリーターが都会で一人暮らしをするメリット・デメリット

tokyo-1121869_640

まず、フリーターが都会で一人暮らし生活を送るメリット・デメリットはどう言ったものだろう?

 

フリーターが都会で一人暮らし生活を送るメリット

フリーターが都会で一人暮らし生活を送るメリットとしては、

  • 仕事が豊富
  • 時給が高い
  • 他人の生活に干渉しない人が多い

などが考えられる。

 

仕事・アルバイトが豊富

東京など都会では、アルバイトの種類も豊富である。

まず、田舎では無いような職種のアルバイトが多いし、会社・お店自体が多いので1度どこかの面接に落ちたとしても、同じ職種の違うお店に面接を受けに行く事も出来る。

 

時給が高い

東京で最低賃金が1000円を超えた。

都会は最低賃金・時給ともに田舎よりも高い傾向にある。

 

他人の生活に干渉しない人が多い

田舎は都会より地域のつながりが強く、お節介な高齢者も少なくない。それに比べ都会では、良い意味でも悪い意味でも

  • 他人に干渉しない
  • ドライ

な人が多く、それが時に楽である。

 

フリーターが都会で一人暮らし生活を送るデメリット

フリーターが都会で一人暮らし生活を送るデメリットとしては、

  • 家賃が高い

と言う点が大きいかと思う。

 

家賃が高い

東京など都会の場合、田舎に比べて家賃は高くなる。正社員に比べ収入が低くなりがちなフリーターは、出来れば生活費が抑えたいものだ。

 

例えば、月の手取りが15万円だとしても家賃が7.5万円なら、手取りの半分が家賃に消えて行ってしまうことになる。残り7.5万円で、光熱費・通信費・食費などをやりくりしていかなければならない。

>>>【体験談】都会の賃貸物件を借りてみて感じた事をリアルに語る | 引っ越しの裏側拝見

 

田舎でフリーターが一人暮らしをするメリット・デメリット

beach-1868672_640

では、フリーターが田舎で一人暮らしで生活していく場合のメリット・デメリットとは何だろう?

 

フリーターが田舎で一人暮らしをするメリット

田舎でフリーターをするメリットとしては

  • 通勤時のストレスが少ない
  • 家賃が安い

などがある。

 

通勤時・帰宅時のストレスが少ない

田舎の場合、車通勤もしくは自転車通勤が多くなり電車で通勤する人の割合はかなり少なくなるかと思うが、車・電車・自転車いずれにしろ通勤時・帰宅時のストレスは都会の時より圧倒的に少なくなるかと思う。

場所にもよるので一概には言えないが、田舎の場合は人口密度も低く「朝から満員電車に乗って通勤」なんて事はまず無いし、車通勤にしてもよっぽど大きい道で無い限り大きな渋滞が起こる事もほとんど無い。

 

家賃が安い

田舎の場合、東京など都会に比べて家賃は安くなる。同じ家賃なら、田舎の方が圧倒的に条件の良い物件を借りる事が出来る

ただ、「1ルームの物件をあまり取り扱っておらず、結局都会と同じぐらいの家賃で広めの部屋を借りるしかなかった」と、言うような事も無いとは言えない。

>>>地方実家住みニートと東京一人暮らしフリーター、どちらが幸せなのか?

 

フリーターが田舎で一人暮らしをするデメリット

フリーターが田舎で一人暮らし生活を送るデメリットとしては、

  • 高齢者が多い
  • 世界が狭い
  • 時給が安い
  • 国民健康保険が高くなりがち

 

高齢者が多い

田舎では、やはり高齢者が多い。

職場にしても街中でのプライベートな時間にしても、都会での生活に慣れている人だとストレスを感じる場面も少なくないかもしれない。

また、都会では他人の生活に干渉しない人が多いが、田舎では良く言えば「世話好き」な、悪く言えば「お節介」な高齢者も少なくない。この辺もストレスに感じる人も少なくないかもしれない。

 

世界が狭い

田舎ではそもそも人口が少なく、人間関係も都会に比べて固定されがちだ。

都会では、仕事にしても生き方にしても実に様々な人間がいる一方、田舎では

  • 「自宅から○○m以内の近所付き合いが全て」
  • 「町内=世間」

みたいな高齢者もいる。

 

時給が安い

都会に比べて最低賃金が安く、全体的な時給も安くなる。

 

国民健康保険が高くなりがち

国民健康保険に加入しているフリーターは、月々の国民健康保険料も多少なりとも負担になってくるかと思う。

 

この国民健康保険だが、国民健康保険料は地域ごとに月々の支払額が変わってくる

都会などの「若者が多く高齢者が少ない地域」では保険料は安くなるが、逆に田舎など「若者が少なく高齢者が多い地域」では保険料は高くなる

 

国民健康保険料だけで判断するのは良くないが、「これから田舎に部屋を借りて一人暮らしをしようと思っているフリーター」は、月々の国民健康保険料も引っ越し先の目安の1つとしても良いかもしれない。

 

フリーターが一人暮らしをするのに最善の選択とは?

japan-220696_640

フリーターが一人暮らしをする場合、都会・田舎どちらに住むにしてもそれぞれメリット・デメリットはある。

では、フリーターが一人暮らしをするのに最善の策とはどういったものだろう?

 

管理人Gonza-lessが考える策としては、

  • 東京(都会)で稼ぎつつベッドタウンに住む
  • シェアハウスに住む
  • 家賃(・生活費)が極限まで安くなる地域に住む

と、言ったものがある。(海外移住と言う手もあるが、ここでは日本国内で生活する場合のみに絞って考えて行く)

 

東京(都会)で稼ぎつつベッドタウンに住む

まず、「東京(など都会)の時給の高いアルバイトで稼ぎつつ、東京よりも家賃が安くなるベッドタウン(郊外)に住む」と、言う戦法だ。

部屋は東京隣県(千葉、埼玉、神奈川など)の比較的東京寄りの場所に借りておく。そして、アルバイトや遊びに行く時は電車で東京まで行く、と言った感じだ。

 

「時給パフォーマンスを高めつつ生活費は抑える」と、言った生活スタイルだ。

 

シェアハウスに住む

「シェアハウスに住む」と、言うのも家賃を抑える為に効果的な策だ。同居人何人かと家賃を分担するので、一人あたりの家賃の負担額は軽くなる。

同居人がいる為、一人暮らしと呼べるのかどうかは分からないが生活費を抑えたい場合、このシェアハウスも選択肢の1つとして考えておいても良いのではないだろうか?

 

家賃(・生活費)が極限まで安くなる地域に住む

仕事よりも、まず「生活費抑える事を最優先させたい人」の場合は「家賃(・生活費)が極限まで安くなる地域に住む」と、言う選択しを頭に入れておいても良いかもしれない。

探せば、「家賃1万円台、2万円台の物件」も地方にはある。家賃を始めとした生活費を抑えれば、生活のしやすさも変わってくるだろう。

節約など生活費を抑える為の方法に関しては、Rich or Nothin'(節約カテゴリー)を参考に。

カテゴリー:フリーター一人暮らし
タグ:,,

フリーター・既卒・大学中退者など向け就職支援サイト【現状打破】
アルバイト求人サイト



error: その操作は無効です