スポンサーリンク

コンビニ深夜アルバイトの業務、フライヤー清掃のコツ・ポイント

フライヤー清掃したい人 アルバイトノウハウ(深夜)

コンビニ深夜アルバイトの超絶ブラック体験談@ファミマでも触れたが、コンビニの深夜アルバイトの仕事の一つにフライヤーの清掃がある。

そこで、今回はフライヤー清掃のコツ・ポイントについて述べて行く。(ちなみにこの記事で触れているのはファミリーマートでのやり方だ)

 

フライヤー清掃の仕方・コツ・ポイント

fryer-2768201_640

①フライヤースイッチをOFF

まずは、電源を切る。そして、油の温度が充分下がるまで待つ。

 

②古い油を捨てる

残っている古い油を捨てる。

捨てる場所(缶など)はお店ごと決まっていると思うので、知らない時は聞いておこう。この時、こぼしてしまわないように気をつけたい。

ポイント:ゴム手袋を付けておくと安全。

 

③水を入れてフライヤースイッチON

油を捨てる為に持ち上げた(鉄の)カゴ的な物をもう一度元の場所に戻す。

そして、油で無く水を充分に入れる。

ポイント:目安としては、網のカゴの底がしっかり浸かる程度。(網のカゴの底の数センチ上までと言ったところか)

 

そして、フライヤースイッチをONにして、充分水が温まるまで待つ。

 

④専用の清掃用の粉を入れる

水が100℃近くなったら、スイッチをOFFにして専用の清掃用の粉を入れる。

ポイント:割り箸等で粉がまんべんなく混ざるようにかきまぜると良き。

 

⑤10分ほど置く。

そのまま5分~10分ほど(正確な時間は忘れてしまった。もしかしたらもっと長かったかもしれない)置く。

 

⑥洗う

そして、網のカゴ・(その下にある)鉄のカゴ的な物を流しに出してスポンジ・たわしで洗う。

ポイント:この時、お湯を全て流さず何かしらの方法でためておいて洗剤と一緒にスポンジに含ませて使うなどすれば汚れが落ちやすくなる。

 

⑦乾燥させる

洗った後は充分に乾燥させる。

 

⑧セットする-新しい油を入れる

乾燥させたら元通りにカゴをセットする。

そして、新しい油を注いだら終了だ。おっと、朝のフライヤー作成時間が迫ってきたらスイッチをONにするのを忘れてはいけない。

ポイント:油の量は、網のカゴの底に触れるか触れないかくらいの位置。(人によっては「もっと注いでもOK」と言う人もいる)

 

以上

flame-871136_640

以上がフライヤー清掃のコツ・ポイントとなる。

>>>コンビニアルバイト深夜-フライヤー商品保温器の清掃の仕方・コツ・ポイント

>>>コンビニアルバイト深夜-おでん什器清掃のコツ・ポイント

 

error: その操作は無効です
タイトルとURLをコピーしました