家賃、初期費用がクレジットカード払いに対応していない場合の対処法

カテゴリー:フリーター一人暮らし
タグ:,,,,


credit-card-2439141_640

これから一人暮らしを始めるため物件を借りる場合、初期費用など含めかなり大きなお金が必要になってくる。そのような場合、クレジットカードで支払いが出来れば便利であり、実際「出来ればクレジットカードで支払いたい」と思っている人も少なくないかもしれない。だが、家賃にしても初期費用にしても全ての物件がクレジットカード払いに対応している訳でも無く、物件によっては現金で支払わなければならない場合もある。

だが、人によっては「どうしてもクレジットカードで支払いを行いたい」場合もあるだろう。実は、クレジットカード払いに対応していない物件でも家賃や初期費用をクレジットカードで支払う方法はあるそれは、どのような方法なのだろうか?

 

クレジットカード払いに対応しているのか?

自分の借りたい物件が初期費用や家賃のクレジットカード払いに対応しているのかどうかは、物件の詳細ページに支払いに関しての情報が出ている場合が多いので、そこで確認するのが良いかと思う。

 

CRECARI(クレカリ)賃貸ならクレジットカード払いが出来る

crecari.com_service_(PC)

https://crecari.com/service/より)

 

契約者の代わりに銀行振込

家賃や初期費用、更新料のクレジットカード払いに対応していない物件でも【クレカリ賃貸】を利用する事でクレジットカード払いを行う事が出来るようになる。

上記画像でも分るように、クレカリ賃貸が契約者の代わりに不動産管理会社や大家さんの銀行口座へ振り込みを行ってくれる。そして、契約者はクレカリ賃貸へお金を支払う事になる。

お金の流れ
契約者→クレカリ賃貸→不動産管理会社

 

また、振込の際は契約者の名前での振り込みとなる。

お振込名はお客様(借主様)のお名前となりますので、支払先の不動産管理会社や大家さんも困りません。

https://crecari.com/service/より)

 

支払いシーン

【クレカリ賃貸】では、「毎月の家賃」、「初期費用、更新料」の2通りの支払いシーンでサービスを利用する事が出来る。

 

毎月の家賃

毎月の家賃の支払いに利用する場合。利用金額に対してのサービス手数料が3.6%かかる。一度手続きしておけば毎月自動で引き落としを行ってくれる。

 

初期費用、更新料

初期費用や更新料の払いに利用する場合。利用金額に対してのサービス手数料が4.6%かかる。

 

注意点

ただ、利用金額や使用出来るカードについての注意点もある。

注意事項
ご利用可能金額は3万円〜となります(上限金額は200万円まで)
ご利用いただけるクレジットカードはVISA/Masterとなります(JCB、アメックスには対応していません)

https://crecari.com/service/より)

 

 

CRECARI(クレカリ)を利用するメリット・デメリット

polynesia-3021072_640

クレカリを利用する事で、通常のクレジットカード払いにした場合と同様のメリットを受ける事が出来る。例えば

  • ポイントやマイルが貯まる
  • 支払いまで猶予が出来る

と言ったような事だ。どちらもクレジットカードをよく利用する人なら、おそらく知っているであろう。だが、ポイントやマイルが貯まるとは言え、サービス手数料が取られてしまえばマイナスになってしまう。

例えば、家賃5万円の物件で家賃の支払いにクレカリ賃貸を利用した場合

5万円+5万円×3.6%(サービス利用料)=5万1800円

の費用がかかってくる。また、20万円分の初期費用の支払いにクレカリ賃貸を利用すれば

20万円+20万円×4.6%=20万9200円

の支払いが必要になる。

「ポイントやマイルが貯まる」と言う点より、「支払いまでの猶予が出来る」と言う点の方がメリットとしては大きいように思える。その点を重視する人なら、利用を検討しても良いサービスではないだろうか。

 



カテゴリー:フリーター一人暮らし
タグ:,,,,

フリーター・既卒・大学中退者など向け就職支援サイト【現状打破】
アルバイト求人サイト



error: その操作は無効です